ダンスブログ

09/26

ダンス動画 初心者でもターンができる方法その①

ダンス初心者でも1日たった5分でターンが廻れる

ダンスコンサルタントのアッキーです。

 

「ターンが上手に回れない…」

 

そんな悩みを持つ初心者ダンサーの方のために、
ターンが上手に廻れるようになるためのポイント、
3つ(+1)をお届けします。

 

特に今回は、ダンス初心者にオススメの練習方法です。

 

ポイント① 体を大きく後ろに向ける

まずは足を大きく開き、上半身を水平に大きく後ろに向けてください。

この時、脇を閉じないように。

そして、向ける方の足に重心が乗るようにを膝を曲げましょう。

 

ポイント② 逆方法に向かって振り抜く

右後ろに向けたなら、そこから左後ろに。

左後ろに向けたなら、そこから右後ろに。

つまり、逆方法に振り抜きます。

もちろん、体が水平になるように。

 

ポイント③ 曲げている足を前回しに回す

体を逆方向に振り抜く時、離す足(回す足)は前回りになるようにします。

イメージは、算数の授業で使うコンパスの鉛筆の部分です。

つまり、中心から同じ距離感を保ったまま、回します。

 

ポイント+① 勢い

ターンを廻るのに大事なことは、”勢い”。

つまずくことを恐れず、勢いよく練習しましょう。

 

そして足、

ベタ足にならずに、かかとを上げて回ってください。

 

この3つ+1のことを意識して、練習してください(^^)

 

1日たった5分

まずは1週間やってみよう!

この練習を繰り返すことで、ターンに必要な軸や、どの筋肉を使うのかが自然とわかります。

 

練習時間は、1日たった5分で構いません。

まずは1日5分それを1週間続けていただければ、1日5分x1週間=35分、2週間で75分、1ヶ月で150分の練習量に相当します。

 

逆に、練習をやらなければ、できません。

初心者の方でもきっとできます!

まずは、1日5分を1週間チャレンジしてみてください!
(^^)

From:Acky→

ページトップへ