ダンスブログ

06/04

ダンスバトルBeat Attack Hyugaの感想


100名以上のダンスバトラーが集結した日向ダンスバトル

宮崎市の育児支援型キッズヒップホップ専門ダンススクールスタジオ
SSプロジェクトダンスアカデミー
Acky→です。

 

2017年5月28日(日)に日向市文化交流センターにて開催され、
大きな盛り上がりと宮崎ダンスバトルシーンに新たな歴史の1ページを刻んだ

BEAT ATTACK HYUGA SPECIAL 2017

(ビートアタック日向スペシャル2017)

 

  • ダンスバトルBEAT ATTACK HYUGAについて
  • なぜ、まゆうさんと杏樹さんは優勝できたのか
  • バトルチャレンジャーへの今後のアドバイス

 

この3つのことについて、

本大会にてダンスバトルジャッジを務めさせていただきました僕からの目線で
全3回に分けて書いてまいります。

 

今回は1つ目のテーマ、

“BEAT ATTACK HYUGA”について

です。

 

BEAT ATTACK HYUGAとは?

BEAT ATTACK HYUGAに参加されたことのない方のために、
僕の見解内ではありますが、説明させていただきます。

 

日向市と延岡市を拠点とし、
今年10周年を迎えたストリートダンススタジオ

Up Down Beat Gallery

(アップダウンビートギャラリー※通称UDBG)

udbgロゴ

こちらのオーナーであるKhacy(キャシー)先生主催による
県北日向発信のダンスバトルフェス、

それが…

 

“BEAT ATTACK HYUGA”

 

東京や福岡などの大都市から、
超一流ダンサーをSPゲスト審査員としてお迎え。

年齢・世代別に部門をわけ、
各世代No.1ダンサーをかけたフリースタイルダンスバトルを繰り広げる、
キッズ・若手ダンサーにとって(特に日向・延岡地域の方にとって)
大変貴重で重要な大会です。

 

毎年、
宮崎県内外から、たくさんのダンサーが集うこのBEAT ATTACK HYUGAですが、
今年は延べ100名以上がチャレンジされました。

 

その中には、
遠くは都城、鹿児島、鹿屋、

さらに大阪からまで!

熱い情熱を持ったダンサーが

日向市に集結しました。

それほど魅力のある、日向発信のダンスバトルフェスです。

 

 

超豪華なゲストダンサー

このBEAT ATTACK HYUGAのオーガナイザーであるKhacy先生は
日向出身。

高校卒業後、東京に上京され、活動されました。

そこで、繋がりを持たれたのが、
国内New School(HipHop、House)ダンスシーンのKing og Kingsであり、
今回のキャストであるHyROSSI氏STEZO氏TAKUYA氏です。

宮崎ダンスバトルBeatAttackHyuga

 

宮崎ダンスバトルBeatAttackHyuga

 

宮崎ダンスバトルBeatAttackHyuga

 

HyROSSI氏、STEZO氏、TAKUYA氏共に、
日本を代表するディーバ(歌姫)MISIAダンサーとしても国内に認知。

HyROSSI氏は、
伝説のHOUSEチーム “ROOTS”、 “ALMA”のメンバーとして
HOUSEシーンの礎を築かれました。

 

STEZO氏、TAKUYA氏は、
今年20周年を迎える伝説のHipHopチーム MO”PARADISE(通称モーパラ)のメンバーであり、
ダンスバトルシーンにおいてもDANCE@LIVEをはじめ、
数々のダンスバトル大会で優勝。

 

お三方とも、今もなお国内ストリートダンスシーンを牽引されています。

まさにレジェンドダンサー。

 

それに加え、
九州Hip Hopダンサーのカリスマ的存在である
SPACE TRAVELLERS(通称スペトラ)のリーダー
TATSUO氏

宮崎ダンスバトルBeatAttackHyuga

現在は、New Jack Swingチーム”THE BROTHERS”としても、
大阪、東京で活躍されています。

 

このような超一流ダンサーと繋がれ、
日向にお越しいただけるのも、
Khacy先生の人脈の太さと人柄の良さが伺えます。

ありがたいことです。(^^)

 

毎年、ダンサーレベルがアップ

今年で何回目の大会なのかは、記憶が定かではありませんが、
2年前(2015年)の大会より、
出場バトラーのレベルが格段に上がっていると感じたことが、率直であり、
いち宮崎ダンサーとして、すごく嬉しく思います。

 

特に、

日向ダンサーのレベルがまた上がっていた気がします。

 

今や入賞常連となっている
HARUKIくん、
LENくん、
K@NTAくん、
ジョウノスケくん
ボムCANのみなさん、

名前をあげればキリがないのですが(^^;)

 

特に僕が個人的に推したいのは…

TAIKIくんです。

 

男臭さと言うか、
HipHop特有の黒さと言うか、
そこがかっこいいですねー!(^^)

Khacy先生からの良質な指導がよく行き届いていることが伺えます。

 

そんなBEAT ATTACK HYUGAですが、
おそらく、来年の大会もさらにレベルがアップすることでしょう。

 

その理由は…

ダンスバトルはダンサー同士のスキル交換=スキルシェアである

からです。

 

その過程として…

  1. 他のダンサーが能力(スキル)を披露する
  2. それを視覚で情報として取得する(インプット)
  3. その情報を分析する(自己分析)
  4. 自分のスキルアップのために変化させ活用する(アウトプット)

 

これらが挙げられます。

この過程を実行することで、
自分自身のダンススキルがアップします。

※ただしこの過程を意識して実行している人は少ないです

 

ですので、今回の大会に参加した方、
さらには映像データを保存している方は今後に活かして、
来年もBEAT ATTACK HYUGAにぜひチャレンジしていただきたいと思います。

 

SSプロジェクトダンスアカデミーからも
きっと多くのキッズダンサーがチャレンジしてくれるはずですし、
チャレンジするべきです。

 

とにかく、すごい経験をさせていただいたイベントでした。
(^^)

SSプロジェクトダンスアカデミーからチャレンジされた生徒さんも
きっといい経験ができたと思います。

Khacy先生に感謝ですね(^^)

 

日向ダンスシーンの未来は明るい!

このイベントは日向ダンサーをはじめ、
宮崎ダンサー同士が協力しあい、
とても大切にしていきたいですし、大切にするべきです。

毎年このイベントがあるだけで、
県内外ダンサー同士の交流が深まり、
切磋琢磨することでお互いのレベルアップに繋がります。

“日向に住んでいてよかった”
“日向でダンスしててよかった”
“日向に来てよかった”

と思ってくれる方が増えるはずです。

 

Khacy先生、
引き続きお忙しいでしょうが、
Khacy先生らしい次回のイベント企画、
僕は楽しみにしています!(^^)

 

次回は…

なぜ、まゆうさんと杏樹さんは優勝できたのか

について更新します。

 

宮崎ダンスバトルBeatAttackHyuga

Beat Attack Hyugaキャスト Khacy先生の依頼の下、超豪華なメンバーが日向に集いました。

From Acky→
(赤江のスタバより)

 

PS
ジャッジムーヴのセッションは…
めっちゃ緊張しました(^^;)汗

いちダンサーとして大切な宝になりました。

貴重な機会を設けてくださいましたKhacy先生に大感謝です!


ページトップへ